読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わがディフェンダーを「汚い」という、ちびっ子の眼力に驚くの巻き

ディフェンダー日記2nd

自宅前でわがディフェンダーのシャーシーに潜って、サビ具合を
点検していたところ、遠くから駆けてくる足音あり。

f:id:defender110:20160918225720j:plain

ちびっ子:

「お母さん、お母さん、変なクルマがあるよ。」

お母さん:

「ほら、走るとコケるからやめなさい。」

ちびっ子:

「でかいクルマだなあ。」

「母さん、このクルマ汚いよ。」

わたし:

「こんな小さな子供なのに、このクルマの酷さが

立ちどころにわかるんだ・・・。」

 

お母さん:

「もう、いいから、よしなさい。」

ちびっ子:

「あれ?、なんでここにくつが置いてあるんだ?」


ちびっ子と床下にいる私の目線が合う。


するとその男の子は、一目散に駆けていきました。

 

ぢつは車内外ともに、さび付きの多さ、酷さに辟易ぎみで、
どうやってレストアしようかと床下で思案していただけに、
あの男の子の眼力に驚いたのでした。