読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕陽に染まる槍ヶ岳、そこには秋を告げる花が咲いていました

槍ヶ岳の穂先からすぐ手前に小高い小山があります。ここから槍ヶ岳山荘を

上部から眺めたものです。

じつはこの場所、夕陽や朝日を眺める絶好のポイントとなっているのでここ

で穂先が紅色に染まるのを待っていました。

待つことしばし、だんだん槍ヶ岳の穂先が赤く染まってきました。

絶好の天気で夕陽に染まる穂先を見ることができました。

さて、ここは小山を下った左手にある西鎌尾根への道標です。

夕陽に染まる前、この道標のすぐ脇に可憐な白いリンドウの花が咲いていました。

たしかここらの岩場にはふつうに咲いていたのですが、トウヤクリンドウといって、

夏の終わりごろ高山帯の岩場で見かけるリンドウの仲間です。

私にはきれいな高山植物のひとつなのですが、山で暮らす小屋番さんたちには

この花は「夏の終りを告げる花」なんだそうです。

今年は高山の雪解けがかなり早かった分、秋の訪れも早いのかもしれませんね。