ディフェンダー用スタッドレスを購入しました

ここのところ寒い日が続いていますね。今年は冬が早いっていう予報を実感しているので、今年はスタッドレスを用意しなくてはと焦っておりました。こんなとき、ディフェンダー乗りのみなさんの共通のお悩みといえば、タイヤサイズの検討ですね。

夏用タイヤは235/85/R16を履いているので、外周800mmに近くて細身のタイヤというと、235/80R16かブリジストンW969の7.50R16 になるわけですが、このサイズがレアでかつ、安い中古で手に入れようとなるとさらに手に入れるのが厳しくなるわけです。

ヤフオクには6年から10年も前のタイヤが平気で出品されているし、また落札する人もいるわけです。
タイヤってブリジストンなら5年、ダンロップほかは3年が使用限度って言ってるのにどんだけ使うんだろうって感じですよね。そもそもが古いタイプのタイヤにしかこのサイズがないというのは、市場の原理とはいえ納得いきませんよ。
そんなとき、中古パーツ店のホームページをチェックしていたら、2016年43週のブリジストンタイヤが売りにでているではないですか。出向いていける関東圏だったので売約予約して出かけました。

f:id:defender110:20171211220828j:plain

235/80があるのはブリジストンにおいても二つ前のモデルになるんですね。f:id:defender110:20171211032039j:plain

デリカのホイールは買い取ってもらって、手に入れていたディスコ1のホイールで組んでもらいました。

f:id:defender110:20171211231739j:plain

これで降雪があっても大丈夫になり、ほっとしています。

それにしてもこの日はスタッドレスを買って履き替える客で作業場がたいへん混雑していました。

 

 

 

農園日誌20171203 発芽から思うように大きくなりません

今年は天候不順と10月の台風被害で発芽していた葉物野菜がやられ、その後、蒔きなおした種の発芽が遅いですね。畑周辺の長老さんたちも口を揃えて同じことを言われています。

こちらは第1農園のレイアウトですが、見てのとおり水害に弱いはずのねぎが今年はやられるどころか、その後元気に育ってネギ畑状態になっています。

f:id:defender110:20171203231529j:plain

 コンパニオンプランツとして、トマトやなすのまわりに混植していましたが、主がいなくなったあと繁殖しています。

f:id:defender110:20171203224138j:plain

右下の区画に植えた春菊とみず菜が発芽してきています。人参と正月菜は発芽していませんね。

f:id:defender110:20171203224159j:plain

土の様子をみると、砂が適度にあり土が細かく、2、30cmくらいは楽に手掘りできます。第3農園と比べて排水は比較的よさそうです。

f:id:defender110:20171204041354j:plain

こちらは第2農園。こちらも水害を受けてからも、大根、白菜、玉ねぎなどが生き残っています。どうやら、水はけの悪い土地なのでねぎの生育はふつうか悪いくらいで、どうやらここは適していないようです。

f:id:defender110:20171203231610j:plain

今年はブロッコリーとカリフラワーの生育がよいとの話し。うちのカリフラワーも収穫を迎えています。お隣りさんからいただいたサニーレタスがなんとか定着したようです。

f:id:defender110:20171203224223j:plain

 ここはいちばん水害が酷かった第3農園です。木で囲って高畝にして葉物野菜を植え直しています。発芽はするものの育ちが悪いですね。スコップでちょっと掘っただけでべっとりと水を含んだ重い土がでてきます。 

f:id:defender110:20171203231626j:plain

晴れの続く日中でもみたとおり、水分を多く含んだ土地です。ここら一帯は昔は遊水地から田んぼに転用された場所とのことで、里芋系に適した土地のようです。

いちごが赤く色づいて、冬眠期に入ったようです。

f:id:defender110:20171203224247j:plain

 

 

 

 

今年の長雨、ディフェンダー110のさび補修は必須でしたね

我が家のディフェンダーは自宅前に露天駐車にしており、今年のような長雨があると、浸水するわ、さびが出てくるわとたいへんでした。
一般的にさびが目立つ箇所といえば、ディフェンダーの特徴のひとつであるドアやボンネットのヒンジのボルト部分ですが、こちらはオーナーさんお決まりのステンレスボルトに変更しているので、ぱっと見は目立たずでした。しかし、アルミボディなので接合部が白くなってきます。
ここはいい感じのやれで済ませておられるうちはいいんですが、気になったら私の場合、クルマの購入時にお願いして調合してもらったエプソムグリーンの塗料を薄め液で希釈して面相筆で塗ってごまかしています。

f:id:defender110:20171122060222j:plain

しかし、錆びるのはここだけではありません。ディフェンダーってクルマはボディの接合部とか、フェンダー内部とか、室内も浸水するので、浸水で濡れた内装のフェルト下のボルトはほぼさびだらけです。
マットに付いた茶色い部分はボルトのさびが付いたあとですね。ここもステンレス化してやろうと思ってはいるものの、さびが酷くてネジヤマが潰れてしまっていて、どうしたものかなあと放置しています。

f:id:defender110:20171122061742j:plain

また、オプションのルーフラックやリアラダー、ルーフライトバーからグリルガードなどなど、すべてスチール製なので、しっかりさびます。

これらのパーツがさびると接合部がボコボコになるので、その対処としてホームセンターなら、ふつうに売っているサビの上からそのまま塗れる、アサヒペンのさび止め兼用の鉄部用塗料を塗っています。

 

f:id:defender110:20171022001511j:plain

こちらはつやありなので、つや消しブラックになっていると補修が目立つので薄め液で少々薄めて塗ってやれば比較的目立たないようです。

 

農園日誌20171119 水害からの再建完了

週末の雨降りで思うように再現作業ができなかった3つの農園ですが、このところ作業が進み、なんとかカタチになってきました。

第1農園は水没のため、植えていたほうれん草や大根がみんなダメになってしまいましたが、なんと
メイン野菜のコンパニオンプランツとして植えていた、ねぎが生き生きと育っています。
あまりに密集しているので、分化していったらたいへんな量になり、植えきれないくらいになりました。
そんなに育ち心地がよいのなら、いっそのこと、ここはねぎ畑にしてやろうかと三角レイアウトを崩してねぎ畑にしてみたのですが、こんなにあっても食べきれないし、こんなよい土ならもう一度いろんな種を植えてみようかと考え直しました。

f:id:defender110:20171120223509j:plain

そして戻したレイアウト図がこちら。ほぼ、以前のレイアウトに戻しました。

 

f:id:defender110:20171119225314j:plain

戻したとはいえ、畑の半分はねぎ畑になっています。

f:id:defender110:20171119225842j:plain

この角度から撮ってみると、ねぎの囲いのなかに畑があるという感じですね。耕してみてわかったのは洪水で流されてきた表面の細かい土が堆積しており、これがさらさらしていて、耕すとふかふかな畑になります。手のひらで握ってみると、適度に固まるので、畑地としてはよい土にになったようです。

f:id:defender110:20171119230000j:plain

ご近所の畑オーナーさんにねぎを分けてあげたりしたんですが、まだまだ大量のねぎが植えてもらえるのを待っています。さてさてどこに植えようか。

つぎに第2農園ですが、ここの土地は第1と比べ、明らかに水はけが悪く、土を耕してみるとかなり水分を含んでねっとりとした土です。

f:id:defender110:20171119225347j:plain

 なんとか生き残った大根、カリフラワーなど元気を取り戻しています。中央の通路の通行を阻んでいたヤーコンですが、花が咲き、葉が枯れてきたので収穫しました。たくさんの芋が採れました。

f:id:defender110:20171119230139j:plain

続いて第3農園です。こちらは9月にさつまいも畑を片付けて葉物野菜を植えていましたが、水没でダメになったので、流された板を探してきてもう一度、高い畝を木枠で作って種まきをしました。

f:id:defender110:20171119225416j:plain

 いちごの苗が泥をかぶって汚れています。からし菜だけは少し育っていたので生き残りました。手前の大根はまだ根が細く、もう十分に育った大根が多いなか、かなり成長が遅れています。

f:id:defender110:20171119230301j:plain

 

 

 

農園日誌20171104 台風水害の畑を再建中です

私の借りた畑のある場所が、もともと遊水地で近くの芝川が雨が降ると氾濫してその水が一帯を水浸しにしてしまいます。年に1度はお決まりのようにやってきます。

こちらは台風21、22号の大雨で水没した第3農園の新レイアウトです。
大根と里芋、さつまいもはなんとかなったのでそのまま、種まきしたものは基本ダメになってしまったので、再度区画を作り改めて種まきをしました。育ってくれればいいのですが・・。

f:id:defender110:20171104235655j:plain

こちらは第2農園。こちらも水に浸かってしまい、白菜には泥水が入ってしまいました。
元気でいるのは、玉ねぎ、芽キャベツ、ニンジン、カリフラワー、大根です。
区画をより高さのあるものに作り変えています。

f:id:defender110:20171104235724j:plain

第1農園はほぼ手付かず状態ですが、こちらも水没してしまいました。落花生は抜いた茎に付いていた落花生を軒並みカラスに食われてしまいました。あと、ナスの撤去をしたくらいです。明日はこちらの再建作業を行う予定です。

 

f:id:defender110:20171104235755j:plain

 

 

 

HELLAのフォグランプがレトロで気に入りました

 

落札したルーフライトバーに付いていたHELLAフォグランプCOMET FF100。あまりに古めかしいのと、スチール製で重いので、これは外してLEDライトを付けようと思っていました。

しかし、ものは試しにと取り付けてみたところ、このフォグのカバーレトロ感、スチールのケースの経年劣化のやれ具合が、ディフェンダーに合っているように感じるのです。 

f:id:defender110:20171029005027j:plain

前オーナーが同じディフェンダー110に取り付けられていたわけがわかるような気がします。

f:id:defender110:20171010035411j:plain

 

農園日誌20171022 第1と第3農園が冠水してしまいました

この週末の台風21号の大雨で本日午後、第1と第2農園が冠水してしまいました。
私の借りた畑のある場所は、古くは遊水地だったそうで、江戸時代に農地に転用された場所で、周辺の住宅地より低い場所にあることから、年に何度か大雨が降ると冠水する場所なのです。

こちらが2週間前の第1農園の様子です。三角にレイアウトした区画の周りに植えたネギが雨でも元気に育っていました。そして、秋なす。写真下の落花生もダメかもしれません。

雨でも降り続いていなければそろそろ収穫時期だったのに残念です。

f:id:defender110:20171022214241j:plain

そしてこちらは第3農園。さつまいもの跡地に、木の枠で高畝にして大根やほうれん草、小松菜、からし菜、いちごを植えていましたが、この木枠が見えるか見えないくらい冠水していました。

f:id:defender110:20171022214311j:plain