農園日誌20180715 猛暑なので早朝、除草して追肥しました

このところ猛暑が続いているため、連休の日中は畑仕事は控え早朝、もしくは夕方になって作業を行っています。

さて、こちらは第1農園ですが、ずっと作付けに変化はありません。

f:id:defender110:20180714032926j:plain

 里芋と収穫後のいちご以外はすべてつるもの野菜ばかりでつるが伸びてたいへんなことになっています。

f:id:defender110:20180715134909j:plain

夏武輝という種類のスイカが1個大きく育っています。大玉スイカのようなのでこのまま生育を待つことにします。

f:id:defender110:20180715134932j:plain

別のつるにスイカの赤ちゃんを発見しました。1玉だけかと思ったらまだできるようで期待がふくらみます。

f:id:defender110:20180715134946j:plain

左下のはかぼちゃではありませんよ。サントリーのらくなりメロンです。とてもメロンには見えないですね。右上のふたつはころたんです。

f:id:defender110:20180715135855j:plain

そしてこれはかぼちゃです。坊ちゃんかぼちゃのほかに別の種類を植えていました。品種は忘れましたが直径20cmはあります。

f:id:defender110:20180715135916j:plain

そしてこちらが第2農園の作付け図です。

f:id:defender110:20180714032943j:plain

 左側のテント上の支柱はきゅうりです。今年はきゅうりの出来が悪いですねえ。ぜんぜんつるが伸びないし、勢いが悪いです。

f:id:defender110:20180715135940j:plain

いただいたオクラとさつまいもの苗が活着して大きくなってきました。

f:id:defender110:20180715135957j:plain

そしてピーマンとなすです。なすには囲いをしてこれからひもで誘引する予定です。 

f:id:defender110:20180715140027j:plain

トマトは暑い日差しをうけて、どんどん収穫しています。こちらはアイコです。

f:id:defender110:20180715140047j:plain

 

 

農園日誌20180708 なすに囲いを設けました

雨が上がって雲が出ているものの、また猛暑が戻ってきました。そこで早朝と夕方を狙って野菜の収穫となすの囲いを行いました。

f:id:defender110:20180708211720j:plain

伸び始めたなすをなんとなく3本に仕立てていたのですが、支柱も3本仕立てにすべきところを最初の1本仕立てのままにしていました。そんなもんで、脇に伸びた茎にできた実がかなり重そうに垂れ下がっています。f:id:defender110:20180702073058j:plain

これではこの先、なすの重みで枝が折れたり傷つく可能性がありますね。

ふつうなら、こんな感じで3本仕立てにしてやるところですが、

f:id:defender110:20180708213607j:plain

ご近所の畑を観察していたところ、囲いを作ってその囲いのなかでひもで引っ張って育てておられます。

ネットにあった画像ですがこんな感じです。アンテナ線のようなもので囲いにしてありますが、それはないので、ひとまず撚り仕様のビニールひもで代用です。

しかしこのなす、葉っぱが生き生きしていますね。うちのはもっと貧相ですよ。

f:id:defender110:20180708212430j:plain

作業していたら夕暮れになり、写真が撮れなかったので改めて掲出することとします。

 

豪雨ぢゃなくて千葉東方沖から地震がやってきた

西日本の豪雨がこれからやってくるんじゃないかと警戒していたら、やってきたのは千葉東方沖の地震震度5弱)でした。

f:id:defender110:20180707203824p:plain

突然鳴り響く緊急地震速報のけたたましい警告音に動揺しながら、テーブルを持ってその時を待ちました。

f:id:defender110:20180707204930j:plain

数十秒後、横揺れが始まりました。さらに大きくなるかと身構えましたがその先収まりました。速報をみたら震度3、ま、まあ、そんなもんだよね。ほっ。

しかし、千葉東方沖といえば、スロースリップが続いているヤバイエリアですよ。

f:id:defender110:20180708044539j:plain

豪雨も怖いけど、でかい地震も怖いですねえ。
もう、上に下に心配せにゃならんとは困ったものです。

 

 

菜園日誌2018/0701 暑い夏にも耐えて夏野菜が育っています

早々に梅雨明けして連日暑い、暑い日々が続いております。相変わらず週末農夫なので手入れはすべて週末なのでこの猛暑に耐えているのやら。

ということで作付け図の赤いのは残念ながらお亡くなりなった苗です。

f:id:defender110:20180702212850j:plain

夏の太陽を受けて第一農園のかぼちゃはついに予定の区画を覆い尽くしてしまいました。これからどこまで伸びるのかお隣さんの畑もあるので心配しています。

f:id:defender110:20180702073004j:plain

日の当たる場所で見つけました。まさしく、かぼちゃです。

f:id:defender110:20180702072913j:plain

続いてメロンですが、いろいろ種類のメロン苗を植えたものの、育ってくれているのはその一部で、しかも育ち方はカボチャに比べてスローです。

f:id:defender110:20180702070108j:plain

唯一、順調に育って実をつけているのは「らくなりメロン」です。これがこの土地、気候に合っているのでしょうか。「らくなり」なる商標は真実かもしれません。

f:id:defender110:20180702072926j:plain

つぎにスイカですが、最初に植えた苗からふたつのつるが伸びていますが、そのひとつにスイカの小玉ができていました。かぼちゃより、メロンよりこのスイカの小玉にひときわ喜んでしまいました。

f:id:defender110:20180702072940j:plain

つづいて定番夏野菜を植えている第2農園です。

f:id:defender110:20180702214144j:plain

連日の猛暑に葉も弱っているみたいですが、枯れているものはまだありませんでした。

f:id:defender110:20180702073023j:plain

昨年も植えたズッキーニですが、今年も大きく育っています。葉のなかに実ができ始めていました。

f:id:defender110:20180702073035j:plain

ミニトマト(アイコ)がこの辺りの畑ではいちばん早く色づいてくれています。もう3度目の収穫を行いました。

f:id:defender110:20180702073047j:plain

続いてなすですが、ご近所の畑にあるなすに比べて葉に勢いがないのに、実はしっかり付けてくれています。

f:id:defender110:20180702073058j:plain

こちらはホームセンターで処分価格50円だったので買ったサントリーブランドのなすです。しっかり活着して丸なすをつけてくれています。

f:id:defender110:20180702073109j:plain

こちらは里芋とピーマンです。里芋は葉が大きくなってきました。ピーマンも順調に実をつけてくれています。

f:id:defender110:20180702073118j:plain

初めての畑地で植えるピーマン、なすはよく育つが私のなかの経験則なんですが、その法則は今回も的中したようです。

 

 

 

農園日誌20180623 かぼちゃは順調、メロンとスイカは微妙ですね

午後から降雨予想でしたので、朝っぱらから収穫と雑草取りを行いました。こちらは第1農園です。
かぼちゃは順調、メロン、スイカは微妙、里芋は順調ってところでしょうか。

f:id:defender110:20180624071902j:plain

かぼちゃの成長が勢いを増しており、予定の区画をほぼ埋め尽くす状況になっています。

f:id:defender110:20180624072019j:plain

手前のスイカ、上のメロンの区画ですがかぼちゃほどの勢いはありませんが、つるが大きくなっているものもあれば、弱弱しいものもあります。この先、枯れることも想定していただいたスイカの苗を4本追加で植えました。ところで脇に植えてあるネギに黒い点が一杯付いていました。どうやらネギアブラムシのようです。駆除をどうするか検討しています。

f:id:defender110:20180624072036j:plain

らくなりメロンは着実に大きくなっています。サントリーが命名した「らくなり」はほんとうだと実感しています。

f:id:defender110:20180624072110j:plain

今年2年目のこんにゃく芋も芽が大きく育ち始めていました。こんにゃく芋は葉が独特なのですぐにそれとわかります。

f:id:defender110:20180624072140j:plain

こちらは第2農園です。じゃがいもの跡地を耕して休耕地にしておこうかと思っています。
畑のご近所さんからいただいたオクラを先週植えましたが、葉をすべて食べられ茎が一本立っている状態になっていました。苗を買ってこようかと思っています。

f:id:defender110:20180624072205j:plain

雑草取りを行ったのできれいになりました。トマトは雨よけのアーチを差しているのにカバーを掛けていないので、トマトの実が割れてきています。

f:id:defender110:20180624072231j:plain

いんげんはいい感じにツリーに巻き付いて成長しています。それと昨年同様、きゅうりの生育が思わしくありません。まあ、10本強はすでに収穫したもののつるの伸びが悪いのと、追加で植えた苗が黄色に変色し始めています。肥料不足なのでしょうか?

f:id:defender110:20180624072255j:plain

 

ランドローバーの修理、ディーラーは高いの先入観は持たないほうがいいかも

手に入れて2年で故障らしい故障がなかった私のディフェンダー110。今回、セルモーター(スターターモーター)がやられて修理することになりました。

修理ですが、このスターターを丸ごと交換して終わりですが、問題はこのパーツの調達とその価格です。
売店に連絡したところ純正品は13万くらいするので、サードパーティデンソーUK製の部品で交換するんだそうです。Td5はスターターのトラブルが多いので常時在庫しているとのこと。

f:id:defender110:20180616214143j:plain

工賃含めて75,000円くらいとのこと。まあ、これくらいで済むのなら仕方ないかと思っていたところ、ディーラーの営業さんから連絡があり、純正品を使っても、ちょっと高いくらいの料金で修理できるとのこと。

ディーラーは基本純正品での修理しかしておらず、品番通りのスターターが届いたとのことなので、やはり純正品だったものと思われます。

自分で交換するつもりで用意していたミッションとトランスファーオイルの交換も次いでにやってもらって、おまけにホイールのアライメント調整もしてもらって快適になりました。

ディフェンダーは平行車でもメンテナンスしてもらえるので、ディーラー修理は高いという先入観はなしに困ったときには利用しようと思います。

 

代車のイヴォークに乗ってみて感じたこと

ディフェンダー110修理中の代車として貸し出してもらった現行型イヴォーク。乗ってみて感じたことなど備忘録にしておきます。なにはともあれ、走ってみないとわからないということで、帰宅後、ナイトドライブをしてきました。戻り道で給油しての実質燃費は8kmくらい、10kmくらいいくかと思っていましたが、加速で吹かしたりしたので、まあこんなものでしょうか。

f:id:defender110:20180624005958j:plain

まず感じたことというと、初代のイヴォークに試乗したときと比べてマイナーチェンジを繰り返してきており、エンジンフィーリングから装備面まで確実に進化しているようです。 
ターボ付き車特有の加速のタイムラグがあるものの、トルクバンドに乗ると気持ちのよい加速をしてくれました。また車内が静かなのでオーディオのボリュームが10程度でかなりの音量になります。標準のメディリアンのマルチスピーカーで快適なリスニング空間になりました。
また、ランドローバーのクルマのなかでは小型ですが、それでも車幅が190cmあるのでドアミラー分も入れると2mオーバーとなり、ディフェンダーより場所をとります。

気になったことというと、着座位置がランドローバーのクルマにしては低いと感じました。乗用車なら許容値の範囲でしょうけど、普段ディフェンダーに乗っているとこの低さに違和感を覚えました。

f:id:defender110:20180624010107j:plain

そのことをいちばんに感じたのがドアミラーと目線の位置が重なることで、右カーブのときには視界が遮られて確認できず、少々恐怖でした。

ディフェンダーのようにコマンドポジションとして固定されているクルマではないので、シートポジションをしっかり合わせる必要があるようです。

f:id:defender110:20180624010025j:plain

とても気持ちよく走れるクルマですが、慣れてくるとそれが当たり前になり、自分で触れるところがない分、退屈しそうです。