救難信号の備忘録

この記事のことを実際にやるような事態にならないことを

祈りながら書いています。

救難信号で一般に知られているのは、そう「SOS」ですよね。

SOSとは、「Save our Souls=救助されたし」の略です。

SOS信号を発信するには:

(むかし1級アマチュア無線技士をめざして勉強していた時期

があったなあ)

モールス信号で

「・・・― ― ― ・・・」(トトトツーツーツートトト)

音をつかってモールス信号をつくる方法はというと、ホイッスル

とか音の出るもので、うえの感じに音を出します。

shuttlexの備忘録と私的雑感

もしくは、10秒に1回の割合で笛を鳴らし、6回連続してやって、

あとは1分休む、これを繰り返してみてもよいみたい。

これを夜間は同様のリズムで、ヘッドライトで発光信号を発する

そして運よく遭難信号に気づいてもらった場合は、20秒に1回

の割合で声を出す・発光するを行なって相手に応える。

私はザックのショルダー部分にひっかけてホイッスルを付けて

います。

広告を非表示にする