読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道を譲らぬツアー客にでくわしました

なるべく人気のある山には、最盛期には行かないに越したことはないとは

思っていながら、夏場の天候安定という絶対条件もあり、今回の登山と

なりました。

今回、槍ヶ岳の穂先では多くの登山者がいましたが、さほどの混乱もなく

無事に登頂できてよかったのですが、、

下山で槍沢を抜けて横尾山荘から上高地まで、こんな歩道をずっと歩く

わけですが、そこで困ったツアー客と遭遇したのです。

前方、上高地から大人数のパーティがやってきたのですが、こっち

は先行して休憩場所確保のためひとりで歩いていたんで、できる

だけ脇によけて通りすぎようとするのですが、向こうさんはそんな

私の存在をまったく無視して、歩道を占領するがごとくやってくる

のです。

結局、最後まで道を譲らないので、道脇で持っていた私のポールが

相手のポールとぶつかりました。それでも相手からはなんの言葉も

なく通りすぎて行きました。

いままでまったくそんな経験のない私は面食らうは、立腹するわで、

振り返って一行をよ~く見ていたら、遠くに聞こえる話し声で韓国人

のツアー客とわかりました。

嫌韓を煽るつもりはないのですが、最低限のマナーくらい守れよ

ということで書き残しておきます。