読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走行距離に関係ない高値維持のディフェンダーを実感する

昨日、カスタム仕様のレンジローバーイヴォークの中古車に魅了された私でしたが、このクルマが市場でどれくらいで売られているのか調べてみました。
するとプレステージのグレードで、茶革のオプション仕様になっているイヴォーク、それも5万キロオーバーで338万円で販売されていました。たぶん新車購入時は600万以上していたであろうクルマです。
新車でこのクルマを買って日々の利用で走行距離が増えた方にはショックな金額ですね。

f:id:defender110:20170423221949j:plain

走行距離が5万キロを超えているので本来はもっと価格が下がっていてもいいところですが、程度とカスタム内容でこれくらいでも売れるだろうという価格のようです。

 「5万キロいっているクルマはちょっと…」、「10万キロいってるクルマは論外」というのが一般的なんですよね。

しかし、ディフェンダーは走行距離に関係なく高値が付くクルマですが、これは極めて稀なケースだと改めて実感しました。

走行距離が10万近くになったこの中古車を100万台で購入して通常の足にするのもいいなということでこの話しは終わりにしておきましょう。