読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

並行輸入のディフェンダー110、レストアの日々です

オーナーになって半年、やってきたことといえば、整備という名の掃除と

さび取り作業でした。やっといま、ぱっと見、ふつうの日本の作業車の

レベルなってきました。

 

f:id:defender110:20170321222656j:plain

 

しかしもって、英国からの並行輸入車というものは、日本人の、ごくごく

一般的な社会人の目からみると、「解体業者から拾ってきたスクラップ」

というのが正直な印象です。

 

どうやらネットの情報を総合するに、私のクルマに限った話しではなく、

このクルマの平行輸入車は似通った状態のようです。

 

英国人とは、どんだけモノを大事にしない人間なんだろうか?

 

ヨーロッパじゃ、クルマをメンテナンスしながら長く乗る文化がある

んじゃなかったのか?

 

いや、特殊なクルマだから、乗用車的に使われないからなのか?

 

平行輸入のディフェンダー110のオーナーになってからというもの、

週末整備でクルマを眺めながら、こう、繰り返し自問しています。 

 

追記:

酷ければ酷いほど、こつこつ整備してきれいになったときの喜びも

味わえるわけで、まったくもって困ったクルマです。