読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディフェンダー110ハーフレザーシートの粉を叩き出す

私のディフェンダー110は2003年のXS(日本SE?)グレードで、

ハーフレザーシートが装着されています。

f:id:defender110:20161102051815j:plain

イギリスで10年以上使われてきたことから、革の劣化や破損など

もありますが、いちばんの難点はシートに黄色の粉が吹き出して

くること。床板にもほこりみたいに薄っすら積もっています。

 

最初は窓を開けて走行していたのでほこりが入ってきたのかと

いうくらいな認識でしたが、どうやらシートの劣化によるもの

で、乗車するたびにこの黄色い粉の清掃をすることになって

います。

 

ネットを検索してみると、どうやらこの病はハーフレザーシート

のなかのウレタンの劣化で、定番の症状のようです。

 

f:id:defender110:20161102051335j:plain

表皮とウレタンとの間のスポンジが劣化して、シートの縫い目

から出てきてしまっているようです。

 

本来、正しい対処はシートの張替えなんでしょうけど、お値段が

それなりに高いので、まずはシートをぽんぽん叩いて出しきって

しまおうと思います。