読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レンジローバーをビックモーターで売却するの巻き

いくら新車価格が1200万以上するクルマとはいえ、初年度登録

から9年経過したクルマとはいえ、買取価格を聞いて愕然として

しまいました。

まあ、現在の中古価格がこんなもんですから、無理もないのです

が、でも次に買うクルマを考えると鬱になってしまいます。

range_kakaku2.jpg

世の中エコの時代、軽自動車、ハイブリッド、コンパクトカー

なんかが高額査定の対象なわけで、大型で大排気量の

使い勝手の悪いクルマは査定額が落ちるんですねえ。

買取店を数店まわって、最後はあの高額査定でバンバン

宣伝しているビックモーターに持ち込みました。

bicmotor.jpg

個人的にはあの強引な宣伝が好きでなかったのですが、

とにかく他社よりいくらかでも高く買い取ってもらえたらと

出かけました。

対応してくれたのは30代の営業さんでしたが、まず売却

希望額(他社での提示額とそれからいくらアップなら売却

するかという額)などを記す用紙への記入を促されました。

そのあとで車両の点検が行なうとのことで、店内で出され

た紙パックのジュースを飲みながら待つこと15分くらい。

営業さん曰く、○○さんのご希望の金額は正直ムリです。

でも他社よりは好条件で買取は可能です。

営業さんの話しによると、営業担当にとっては買取実績が

営業実績に反映(給料)するとのことで、他社より確実に

高く買い取るんだそうで、聞くところによるとその営業さん、

今日は2台しか商談実績がないので、ぜひ当店に売って

ほしいとのこと。

ここから営業さんとの真の価格交渉が始まりました。

何度か店長さんに掛け合ってもらい他社提示から15万

アップで売却しました。

事前に懇意にしているランドローバーの営業さんに伺って

いた価格上限より5万円高かったからですが、その先に

落ちがあり、売却成立後、車両点検で不備が見つかった

場合に減額の可能性があるとのこと。

その減額を最小限にするため、3万円の保険を掛けて

おけば、なにか重大な不備があっても査定マイナス3万

円以上落ちないとのこと。(車種により金額は変わる)

なんだかなあと思いつつ、他社より実質12万円アップなの

でまあいいかと、ディフェンダーのときのドナドナ感もなく

あっさりと契約は成立したのでした。