読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭菜園の試練か、トマトが「青枯病」に感染する

休日の早朝と夕方は家庭菜園で過ごしていることが

多くなった。

過ごすといっても、きゆうりに水やりしたり、雑草を取

ったりの、いわゆる畑作業だ。

いつものとおり、土曜の朝がた畑に向かい作物の様子

を観察していたら、6本すくすく育ったトマトの株のひと

つが萎れているではないか。

aogarebyou.jpg

???、トマトって水やり不要じゃなかったっけ?

となりの株は勢いがよいのにこの株だけ萎れるという

のはどういうことか?

いちおう、水やりして様子を見ることにしたのだか、

夕方に観察したら、さらに株全体が萎れてきている。

これはなにかの病気にでもなったかと、ネットで検索

していったところ病名が判明した。

トマト・ナスなどの根や茎に糸状菌の一種が寄生し、

水分の供給が悪くなって枯れる病害で「青枯病」と

いうものらしい。

対策としては、菌に侵された株ごと抜いて畑外で

焼却してしまうとともに、残土の土壌消毒を行うの

だそうだ。

畑作業も初めてだか、こんな病気に遭遇するのも

初めての経験。

いやはや、農作業というものもたいへん難しいもの

だと痛感させられた。