読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生には、一体どんな目的があるのでしょうか

日々のできごと

大学時代のサークル仲間から近況をもらったのだが、

大学時代に結婚したH君はついにお孫さんができて

おじいちゃんになったそうだ。またサークルの部長を

していたK君は就職した県警で署長を拝命したという。

それぞれ傍から見ればいい人生を送っているよなあ

とうらやましくも思えたりする。

翻って、わたしはどうか?

相変わらず、人生、ゴールがわからないまま、

ひたすら走っているみたいなもんですかね。

長いマラソンみたいなもんだから、ペース配分も

考えなくちゃいけないけど、どこがゴールかわから

ないから、いま、ある道のことしか考えられません。

しかも、走っていればいろんな障害物が出てくるし、

どこからか頼みもしないのに、競争相手が現れて

蹴落とされそうになったりもします。

そんなこんなに負けず、ひらすら走っていった先に

はゴールがあると思うのだが、この歳になっても

まだ、なにも見えず。

お釈迦さま曰く、だれもが走っていった先は人生の

崖っぷちなんだそうですよ。

崖っぷちってのは、だれにでもやってくる死期のこと。

その崖から落ちていくときには、そこまでやってきた

ことは、まったく何の関係なく、がんばったひともそう

でないひとも等しく崖から落ちてなくなる。

そうだとしたら、そんな人生になぜあくせくしなくては

いけないんでしょうか。なぜ、苦悩しなくてはいけない

のでしょうか?

いったい、人生にはどんな目的があるんでしょうか?