読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借り受けた一坪菜園の備忘録など

家庭菜園

本日、畑を耕していたら私の二区画となりの方から

声を掛けられました。そこで教わったことを備忘録

として書き残しておきます。

1.しばらく耕作していないので表面の土は固い

が、もともと畑地なので掘り返しをしっかりすれば

水はけのよい土地です。

2.雑草のうち、スギナは地中30cmくらいの

ところに平行に走る根があるので、面倒を厭わ

ないのであれば掘り返してこの根っこを取り除

いたほうがいいでしょう。

3.年に1回あるかないかで近くの川があふれる

ことがあり、このあたりは水に浸かる可能性が

あります。でも水はけがよいので一日あれば

乾いてしまいます。

4.日光はよくあたる場所ですが、畝の作りかたは

風の吹き方をみて、方向を決めればよいでしょう。

5.畝があったほうがいい作物(なすなど)、なくて

いい作物(じゃがいもなど)があるので、植え付ける

作物によって畝を作りましょう。

6.連作障害を考えて、植え付ける作物のローテー

ションを考えていきましょう。

7.水場は用水路が近くにあり、夏場も枯れない

のでそこから汲んで使えばいいでしょう。

8.農作業には、まず鍬が必要ですから、ひとつ

買っておかれたほうがいいです。

9.石灰やたい肥の量加減については、酸性に

強い作物(じゃがいも、かぼちゃなど)、弱い作物

(トマト・ピーマン・きゅーり、オクラなど)で量を

加減しましょう。

野菜作りは、まずは土作り、そして苗・種の良し

悪し、天候、それに手間(水遣り・肥料・雑草取り)

ですよね。

まあ、楽しみながらやっていきたいと思います。