読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「下町ロケット」第9話、ドラマ仕立ての妙を感じるの巻き

今話ではあの憎たらしい演技が光るPMEAの審査官滝川のシーンと

スキャンダル写真で罵倒する佃社長のシーンが印象的でしたね。

「なんだ、この前といっしょの顔ぶれじゃないか!」

「だから、万が一の医療事故のとき、あなたがた責任とれないでしょ?」

しかし、本での進行にはこんなシーンはまったくないのです。

では原本では、どうなっていくかをレビューしてみると、

第十章スキャンダルに該当するページですが、そのなかでは

椎名が翌日発売の「週刊ポルト」の見本誌を見て叫ぶシーン

で始まります。

最新鋭人工心臓「コアハート」に重大疑惑

このスキャンダル記事の発売とともに、

1.大学での緊急理事会で第三者による調査委員会の設置

2.サヤマ製作所はスキャンダルで大揺れ、顧問弁護士に対応

  を依頼

3.帝国重工では、データ偽装疑惑のあるサヤマではロケット

バルブの共同開発話も暗礁に乗り上げてしまう可能性あり

すべての取引を凍結、佃製作所に詫びを入れ取引を再開

4.そして、PMEAの審査であの憎たらしい滝川が登場という

  ストーリーでした。

  しかも、高級クラブで貴船と、その横でハメを外す滝川の

  スキャンダル写真で追い込むというシナリオはありません。

  ここはドラマ仕立てなんですよね。

また、今話の終盤にあったサヤマ製作所の椎名と咲間佃、山崎

とのコアハートの設計図に関する直接対決もありません。

でも、ドラマ仕立てとしてはたいへんインパクトがあるし、観て

いて面白い展開ですよね。

本を読んだ視聴者にも、また違う展開なので、本とドラマとで

二度楽しめる内容になっている、そこもまた人気の一因かも

しれません。