読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『海難1890』、トルコと日本が共通に持つ「真心」をみました

ダニエルボンドを観に行く予定でしたが、ボンドより

先に『海難1890』を観てきました。

  

前半の和歌山串本町における海難対応はとても素晴ら

しく、当時の日本人ならきっとそうしただろうなと

素直に思ってしまいました。

救出者の治療に当たる医者を演じる内野聖陽さんもいい

けど、それ以上にケナン・エジェさんの演技がよかった

です。

  

ちょっと残念だったのは、後半のイラクでの日本人救出の表現

でした。救援機を待つ空港ロビーで感動させようという、

邦画的演出が見られて、ちょっと引いてしまいました。

実際は、トルコの救援機に日本人は専用カウンターから

搭乗したとかじゃないのかな?

日本がなにもできないなか、トルコが飛ばしてくれた

トルコ官邸の英断と救援機を飛ばしてくれた乗務員の

みなさんの勇気というのが主体のような気もします。

ということで、人から受けた恩はしっかり返す、もしく

は人として当然のことができるトルコの懐の深さに感謝

したい、そんな映画でした。

蛇足ですが、日本の隣国のような、平気で恩を仇で

返す民族にもぜひ観て学習してもらいたいですね。