読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなに長生きしたいですか?

生きたくても生きられない人もいるのにこんなことを言うのも

憚られますが、正直なところ昨今の高齢者に優しくないこの

世の中で、長生きすることにどこまで価値があるのだろうか

と考えることがあります。

そんなので読んでみたのが、医師で作家の久坂部羊氏の

この作品。

     

amazonブックデータより

何歳まで生きれば“ほどほどに”生きたことになるのか?

長寿をもてはやし抗加齢に踊る一方で、日本人は平均で

男6.1年、女7.6年間の寝たきり生活を送る。

どうすれば満足な死を得られるか。元気なうちにさがして

おく「死ぬのにうってつけの時」とは何か。

たしかに見た目の政策は高齢者に優遇されたものであった

としても、その優遇などたかが知れているでしょう。

病気になったら、一気に生活は困窮しそうだし、そんなとき

延命治療は受けられるのに、「ここまでで人生終了したい」

という医療オプションはないのでしょうかね。

追記:

といっておきながら、ちょっと体調が悪いと、どこか悪いの

かな?と心配してしまう自分も居るわけです。

どうにも矛盾していますね。