読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前向きに仕事に励むにも限度があるでしょう

リストラで人が減っただとか、人員削減のため異動が

あったり、退職後の後任補充がないとか、でも仕事は

今まで通りってのは、結構あることだと思います。

しかし、多く社会人は、こんなときこそ、能力アップの

機会だと前向きに取り組んでいることと思います。

なぜ、そこまで前向き姿勢でいけるのか?

それは「いつか報われる」、「誰かきっと見てくれる」と

いう淡い期待があるからこそでしょう。

しかし、そんな状況なのに、さらに追い打ちを掛ける

ように、仕事がどこからかやってくるばかり。

効率化して乗り切るにも限度があるっていうものでしょう。

これじゃ、まともにブログを更新している余裕はあり

ませんと、愚痴ってみます。