読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「下町ロケット」勧善懲悪なドラマってスカッとしていいですね

日曜9時の『下町ロケット』を楽しみに観ています。

このドラマは、下町の工場「佃製作所」を経営している

佃航平(阿部)が、仲間たちとともにさまざまな困難を

乗り越え、ロケットエンジン開発の夢を追いかける姿を

描いています。

第二話では、“ラスト10分の阿部寛の法廷熱弁”には

技術者でなくとも泣いてしまいました。

「技術者はみんな自分の無力さを知ってるよ。毎日、

壁にぶつかってばかりだからな。昨日できなかった

ことが今日できるようになる。今日分からなかった

ことが明日分かるようになる」

「技術者はお金のために研究してる訳ではない、

おもしろいからだ」

「(仮に裁判に負けたとしても)培ってきた技術力だけ

は決して奪えない。正義は我にありだ!」