読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体育の日連休、登山自粛のお願いへの雑感について

この連休で北アルプスの営業小屋の多くが営業を終了します。

しかし、今回の連休は高い山では積雪でのリスクがかなり

高いようで、遭難事故が2年に一度のペースで発生すると

いうことから、北アルプスの山小屋では登山自粛を呼び掛

けています。

岳沢小屋の警告文の事例。

---------------------------------------------------------------

11日は荒れた天候で、稜線方面では吹雪+積雪が予想されて

います。

明日はこれより上部への登山は自粛いただくようお願いします。

(それでも登りたい場合は、前穂往復程度に留め、撤退のタイ

ミングを誤らないよう注意してください。

吊尾根~奥穂への縦走は生命の危険を伴います。

万一、遭難しても荒天下では救助活動等のできません。

死んでもいい覚悟を持ったうえで、自己責任のうえ突入して

ください。)

12日も冬型の天気が続き、稜線方面は低温・暴風・積雪・凍結

が予想されます。登山には不向きな天候が続きますので、これ

より上部への登山は自粛いただくようお願いいたします。

天気がいいのは今日だけです♪

---------------------------------------------------------------

この時期の雪、みぞれ、雨は、厳冬期よりもたちが悪いそうで、

足場が悪く、降雪で視界が効かず、体温低下で体力を奪われ

るようです。

そして、翌日11日の槍ヶ岳山荘のライブカメラ映像がこれです。

警告通り、積雪でまったく視界が効きませんね。

当たり前ですが、人間さまの都合に、自然は合わせてはくれ

ないものです。

こんな警告掲示している営業小屋のみなさんも登山者のため

に準備していただろうに。

とにかく、これから先、3000m級の山は初冬、山小屋のブログ

が終了になる日もあとわずか、個人的には寂しいかぎりです。