読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ちては改むるに憚ること勿れ

しかしもって、新国立に続いて、エンブレムまで白紙

撤回とは・・・。

しかし、他人のものを手続きもせず、このまま黙って

使ったりすることのほうが、よっぽど日本の信用をな

くすことになるのだから、過ちは過ちとして認めると

いう今回の姿勢は評価できるんじゃないかと思いま

すよ。

孔子様は、こうおっしゃっておられます。

いわく、君子くんしおもからざればすなわあらず。

まなべばすなわならず。忠信ちゅうしんしゅとし、おのれ

かざるものともとすることかれ。あやまちては

すなわあらたむるにはばかることかれ。

 人は言動を慎重にし間違いを少なくしなければ

 威厳はない、多くを学べば柔軟な考えが持て、

 一つの考えに固執することがない。

 自分自身に偽ることなく信念を保ち、

 他人の間違った事柄に流されて、

 自分自身を見失ってはいけない。

 自分自身の言動に間違いを感じたら、

 それを訂正することに躊躇してはいけない。

問題は、過ちを認めた先、そこから正しくやり直せる

かでしょう。

しかし、このデザインの問題、そもそもデザインって

のは、ゼロから新しいものを作ることだけではない

のではと思うんだけどね。

こんな感じで公表されたデザインの権利を広く認め

ていたんじゃ、デザイナーは創作活動ができなくなる

のでは?

ぱくりブロガーが言うんじゃ、説得力はないか・・・。