読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ浴槽を「湯船」と呼ぶんだろう?

東京ガスのFMでのコマーシャルに「家族の絆・お風呂学校」編

というのがあります。

入浴中に子どもがおかあさんにこう尋ねます。

「湯船って、どうして湯船っていうの?お船と関係あるの?」

おかあさんの答え

「それはね。江戸時代に町のひとたちに人気だった船があって、

それはなんと・・・」

こども

「ねえ、どうして??」

どうしてだろう?かんがえてみよう。という男性のナレーションで

終了したのです。

こんな終り方だったものだから、さっそくスマホで調べてみました。

TOTOの「ちょっとした話題(ティドビット)  」より引用

実は、”湯船”は本当に存在した船から来ています。 湯船が登場

したのは江戸時代。この頃には銭湯が登場し普及していましたが、

本格的な銭湯は街の中心部にしかありませんでした。このため、

道端、寺社境内に加え、船などを利用して街外れに住む人を対象

とした銭湯を開く商売が登場しました。この風呂を設置した船のこと

を「湯船」といい”湯を積んだ船”という意味からそう呼ばれました。

湯船は、銭湯のない場所や少ない地域の人々を相手に巡回営業

していたそうです。

やがて、時代とともに街外れの家でも風呂が設置されるようになり

ましたが、言葉だけがそのまま残り、浴槽本体のことを湯船と呼ぶ

ようになったのです。