読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星のきれいなキャンプ場で流星を見る、これが今回の目的でした

昨年、登山のベースで使ったみずかき山自然公園が今回のキャンプの場所

でした。

区画がないので、ファミリー客のいない、このあたりでテントを張りました。

あとで気づきましたが、ここは登山で前泊する登山用テントや岩屋さんの

ベースキャンプに使っている場所でした。

さて、今回はキャンプが目的ではないので、テント以外は荷物は

最小限にしました。

当時、キャンプにはテーブル、チェアのほか、あれが要る、これが

要ると大量物量でやっていたけれど、もう必要ありません。

設営をちゃっちゃと終え、夕飯の支度をしたら、ビールをがまんして

日が暮れるまでに近隣の温泉に出撃です。

じつはこの場所を選んだのは、登山するためではなくて、星空と流星

群の残りを見るためだったのです。

残念ながら、雲がかかって全面星空ということにならなかったのですが、

夜空を見上げて雲が切れそうになると、飲みを中断し、キャンプの灯りを

避けるため、テントから山側の暗い駐車場にいそいそと向かいます。

星を見るにはまず場所ありきで、望遠鏡は不要。必要なのは大地に

寝っ転がるためのマット、これだけです。

いいおっさんがふたり、真っ暗な駐車場のアスファルトに寝っ転がり、

切れ間から落ちてきそうな星と流星をいつまでも眺めていました。