読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも続く「戦後」に感じる雑感について

「戦後70年」の節目というタイトルが躍っていますが、70年とは

人ひとりの一生にも相当するほどの長さがありますね。

戦争を知らない世代からすれば、いつまでも続く「戦後」ですが、

たぶん、先行世代の過ちをどんなふうに謝ったところで、それ

でも「戦後」と近隣の「不満」は続くのだろう。

永遠の悪者にしておいたほうが相手には都合がいいのだから、

「戦後」が消える(真の和解にこぎつける)のは極めて難しい。

翻って日本、かつての遺産、そして将来を無視した借金と、偶然

によって、戦後の平和で豊かな社会が維持されているわけだが、

問題は、この平和で豊かな社会が永遠に続くわけではないという

こと。

なんだか、そろそろ終わりが見え始めているのかもしれない・・・。