読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HBO『The Pacific』、あの戦争をドラマで体験してみては?

1945年8月15日の戦争終結から、今日で70年の節目を

迎えましたね。

『ザ・パシフィック』は、第2次世界大戦の太平洋戦線を

スピルバーグとトムハンクによってアメリカ側から描いた

HBO制作のテレビドラマです。

当時の激しい戦いを忠実に描いていますが、日本人(敵兵)

を残虐に殺すシーン、辱めるシーンもあり、ちょっと目を

覆いたくなりますが、これは日本側にもあったはずなので

戦争を知らない私も、戦争は絶対にやってはいけないと、

強烈に感じることができます。

【ザ・パシフィック】ロバート・レッキー1等兵編

ガダルカナルからペリリューを戦い続けた古参兵の視点

から「ガダルカナルの戦い」が描かれます。

戦う日本のこと、戦地のことなど、何の予備知識もない

まま、楽に勝てるに違いないと彼らはガダルカナル

上陸します。

しかし、上陸後、もっとも過酷な日本軍との直接対決

を経験していきます。