家庭菜園

空梅雨?おかげで農園も砂漠。毎日雨降りを願う日々です。

農園日誌201706010梅雨入りしたとはいうけれど、ずっとまとまった雨が降らないため、畑は砂漠のように乾ききっています。第1農園の三角コーナーも植えた苗が枯れてしまったり、定着した苗も生育が遅れています。 週末しか作業ができないサラリーマン農夫ゆえ…

週末に向けた農園作業を考えています

今日は朝から雨模様ですが、畑の土がカラッから状態だから、もっと本格的に降ればいいのにと願っておりましたら、いい感じで明日も雨模様みたいです。なにせ、平日は勤務で水をやれる余裕もないので、この雨は願ってもない潤いの雨なのです。 そして、週後半…

第三農園の生育状況20170514

2017年5月14日現在の第三農園の栽培レイアウト図です。まだ半分は前オーナーさんの玉ねぎ畑になっており、6月までは植え付けができません。 しかし半分弱を片付けていただいたので、こちらに今週末植え付けを行いました。植えたのはいただいた里芋ですが、…

ブランド苗に心惹かれるが、まっ、標準苗でよいかと自分に言い聞かせる

連休後半からはホームセンターや農協の直売所に出かけて、夏野菜の苗をせっせと購入してきました。毎年のこととはいえ、今年はいつも以上にホームセンターに出没することが多かったように思います。 ホームセンターに行くと、夏野菜の標準苗が80円とかで売ら…

花壇のような農園、混植栽培を目指すも土づくりは基本どおりなのです

私の連休というと、海外旅行に行くでもなく、帰省するでもなく、借りた農園で慌ただしく過ごしていました。連休前に大まかに掘り起こして、石灰や元肥を撒いておいた土を区割りし、鍬でひたすら細かく砕いてふかふかの土にする作業の連続でした。まわりの長…

第一農園の基本レイアウトを決め区割りしました

この週末は契約更新した第一農園のレイアウト案を元に区割り作業を行いました。区割りするための木材は、以前もらった材木店から新たに端材を無料でもらってきていたので、畑作業というより土木作業に近い作業です。のこぎりで長さを整え、孟宗竹の林から取…

洋式菜園のレイアウト案について

手放すことにしていた最初の畑を成り行きで契約更新したため、春夏野菜の栽培に向けてレイアウトを検討しています。こちらがレイアウトの参考にする家庭菜園です。海外の事例です。 ということで、ざっとレイアウトと植え付ける野菜案を引いてみた図 レイア…

今年から30坪の週末農夫になります

昨年のゴールデンウィークから始まった私の家庭菜園ですが、最初の1区画から2区画に広がり、1周年の今月から3区画(約30坪)で行うことになりました。 もともと借りた畑 1区画(約10坪)2017年3月撮影 1年で地主さんに返す予定で整理していたところ、賃…

私の畑はポタジェガーデンじゃないんですけど

昨年の春、畑の空きがあったことから始まった人生初の家庭菜園。本格的な野菜の栽培にあたって、私の畑(作物)に求めるニーズにあった「育て方」というものを試行してきました。それは、①いろんな野菜を作ってみたい②たくさんできても食べきれない③連作障害…

越冬した絹さやえんどうを移植しました

実家の畑で両親が育てていたさやえんどうをみて、畑が持てたら 春にはさやえんどうを作りたい、そう思って昨年末買ってきた 苗が早々に伸びて、案の定、寒波で枯れてしまいました。 そこで、ダメ元で種まきしていた絹さやえんどうが、なんと越冬 して元気に…

じゃがいもの植え付けを行いました

暑さ寒さも彼岸までというますが、じゃがいもはお彼岸までに植えると いうのが私の住むエリアの慣例なんだそうです。 ということで、3月17日(金)の彼岸入りの前の週末に植え付けを行う べく、3月12日(日)に新しい耕作地に植えました。 買った種いもが少…

農園の年間費用と隠れ空き地の存在についての一考察

昨年のGWに偶然借りることのできた耕作地で、私の菜園ライフが スタートしました。 借りる費用は30㎡で年額1万円でした。これを高いとみるのかそれ なりと見るかですが、市民農園とか農業クラブで借りると1年から2 年限りで2万円とかするので、まあ許容範囲…

旧第二農園の玉ねぎ、いちご、さやえんどうの生育状況について

手のかからない玉ねぎとイチゴを植えた第二農園の状況について書いて おきます。 昨年10月以降、多忙と寒さでときたま草むしりする程度しかメンテして いません。 しかし、球根で植えた玉ねぎはかなり大きくなっています。 本日、化成肥料を追肥しておきまし…

12月初旬の農園備忘録

家庭菜園日誌2016.12.06 ヤーコン、里芋の収穫を終え、いくつかの区画に空きが出てきました。 寒暖の差はあるものの、四季としては冬。しかも日照時間が短くなって いることからか、新たに蒔いた小松菜の成長が著しく遅い。 こちらが現在の畑のレイアウト。…

旧第二農園にも霜が降る

家庭菜園日誌2016.11.26 もう一つの菜園にも同様に霜が降りていました。 借りている菜園の近くにあるのですが、こちらは極力手間をかけない という方針で、大部分が玉ねぎといちごにしています。 霜が降りて寒々とした畑ですが、小松菜が芽を出しています。 …

霜降りの菜園で畑の長老さまの教えを体感する

家庭菜園日誌2016.11.26 今朝の冷え込みの結果、死滅してしまう野菜たちがでました。 左前のじゃがいもですが、育たないと回りの畑の長老さまから 言われていたにも関わらず、元気に成長していたのですが、 育たない=(霜が降りるような時期には)育たないと…

畑を借りてくれないかとの申し出を受けるが・・・

畑のお隣さんからのお誘いで借りた家庭菜園2ndでしたが、 先日、管理している自治会の懇親会に出かけた際、御年86歳に なられた長老さまがこの度引退されるとのことで、その土地を 引き受けてくれないかとの申し出を受けました。 じつはこの自治会の畑…

寒くなったことで野菜の生育が安定してきました

家庭菜園日誌2016.11.19 9月から10月初旬までは長雨と害虫の大量発生で、なにをやっても 育たない状況だった家庭菜園。その後、天候が安定し、冷え込んで きたことで野菜も安定して育つようになってきました。 11月19日に枯れ始めた空芯菜と伸びたサンチュ…

家庭菜園の生育状況について

2016年11月13日の家庭菜園の状況について記しておきます。 天候安定、かつ、ぐっと寒くなって害虫の活動が収まった ことが野菜の生育にはよいようです。 現在の栽培レイアウト。多品種小ロットを続けています。 サニーレタスとサンチュも花が咲くほど伸びて…

10月末での家庭菜園のレイアウトの備忘録

10月30日(日)時点での家庭菜園の植え付け状況です。 菜園の大先輩方のお話しによると、今年は暖かいことから、 秋冬野菜で植え付けた苗がことごとく害虫に蝕まれる被害が 今年は例年になく多いとのこと。 私の菜園でも目が出ては食い散らかされて大きくなら…

家庭菜園2ndはイチゴと玉ねぎ系で作ろうかと思っています

最初に借りた畑のお隣さんから1区画やりませんかと声をかけて いただいて、ならばと始めたのがこの一区画です。 現在はあまり手がかからないよう、いちごとねぎ類を主力に負けじ とこんな感じのレイアウトにしました。 多くのいちごは借りた町会の副会長さ…

家庭菜園のその後、秋冬野菜の生育状況について

9月頭の台風による水害を乗り越え、やっと畑も秋冬野菜の 植え付けを続けてきました。 10月16日付けの畑のレイアウト図はこちら。 無農薬なのトンネルしても、地中から害虫が湧き出してくる 模様で、ほんと好き勝手に食い散らかされてきています。 写真…

菜園オーナーの高齢化、また菜園が増えることになりました

今年4月から借り受けている家庭菜園ですが、同時期に借りられた畑のお隣さんから、町自治会でやってる畑が空いたので、やらないかと声を掛けてもらったとのこと。先日の台風で同じ場所にある菜園が水害に見舞われたこともあり、それはよかったですねと、い…

家庭菜園への秋野菜の植え付け始めてます

薬草園式菜園(多品種小ロット・区画整理)を実践しています。 現在の畑の作付レイアウトは以下のとおりです。 キャベツ、白菜、ブロッコリー、レタス系は苗購入、大根はお隣さんからいただいたもの。ほうれん草は種から。やはり秋野菜はネットをかぶせない…

台風水害後、そろそろ秋野菜の植え付けを行う

台風10号前後の大雨で私の借りた畑地一体が水没してしまったことは以前のブログに書きました。 それからしばらく、また台風や大雨で水浸しになるかもしれないなら、再建したって仕方ないということで放置していました。 これは8月14日時点での畑の作付…

せっかく育ててきたのに・・・、大雨で農園が崩壊してしまった。

勤め帰りの夜間に見回りに出かけて呆然としてしまいました。連日の大雨の影響で、借りた畑の周辺が川の氾濫で濁流に呑まれ、育ててきた夏野菜が壊滅的な状態になっていたのです。区画していた重い材木は流され、農具を入れていたコンテナやジョロはどこかに…

一坪菜園、多品種、小ロットの薬草園方式で育てます

4月から借りた農園ですが、約4か月が経過しました。連作障害のことを考え、レイアウトを変えた都度にブログにアップして備忘録にしておきます。 これが現在の畑のレイアウトで、4月以来ずっと育てているのは、なす、ピーマン、トマト、ミニトマト、えごま…

家庭菜園の夏野菜がまずまず順調に育っています

今年4月末に借りることになった一坪農園ですが、現在、農園の 最後の区画も耕作者が決まり、空きはなくなりました。 さて、これが現在のわが農園の全景ですが、材木所からもらった 端材を使って区画を作って作付けしています。 作付けした夏野菜のなかでも…

家庭菜園の試練か、トマトが「青枯病」に感染する

休日の早朝と夕方は家庭菜園で過ごしていることが 多くなった。 過ごすといっても、きゆうりに水やりしたり、雑草を取 ったりの、いわゆる畑作業だ。 いつものとおり、土曜の朝がた畑に向かい作物の様子 を観察していたら、6本すくすく育ったトマトの株のひ…

6月11日付け、夏野菜生育の記録簿

今年のゴールデンウィークに借りた家庭菜園ですが、借りた当時は 草っ原だった場所をひたすら耕していきました。 そして作付けした現在の家庭菜園です。かぼちゃが大きく成長し 始めており、ねぎ畑をどんどん侵食しています。 なすもだいぶ大きくなってきま…